➡ 保護者様へ

ホーム > 情報発信 > ➡ 保護者様へ

【中学・高校】定期考査の成績を上げたい

定期考査の成績を上げるには、現状の問題点をよく見極める必要があります。大抵は複合要因になっているので分析が難しい場合もありますが、根気強く見極めましょう。

ここでは、状況ごとに対策を記載します。

1.日頃の学習内容が身についていない
勉強方法学校授業との向き合い方を改善する必要があります。理解度と授業進捗と乖離しすぎると、授業に全くついていけない状態に陥ります。まずは、暗記・理解・演習・復習のどの段階に問題があるかを見極め、対策する必要があります。

2. 試験までに勉強が間に合わない
どれくらいのテスト勉強が必要であるかは日頃の学習状態によって大きく異なります。いずれにしても、試験勉強の計画が非常に重要です。学校で配布される学習計画表は殆どの場合、役に立ちません。何をすべきかを自分で分類し、順序立て、全教科でのバランスを考えて計画を立てるように習慣づけることが大切です。

3. 頑張っているのに上がらない
勉強のやり方に問題がある可能性が高いです。暗記の方法、演習と自己分析、復習のタイミングなどを改善する必要があります。

4. 勉強しない
勉強へのモチベーションが上がらなければ、勉強を強制できる場に身を置くか、
勉強に集中できるように場所・環境を変える必要があります。

以上を参考にしてみてください。
次に注意事項です。
(1)一夜漬け・徹夜は厳禁
一夜漬け・徹夜での勉強は覚えたとしても短期記憶に留まります。
科学的にも誤った勉強方法ですので、早めに試験勉強を始めるようにしましょう。

(2)定期考査だけに注力しない
定期考査の勉強は、本当の意味での学習とは方向性が異なります。定期考査で成績が良くても学力が低いということはよくあります。
特に、一般入試を重視している場合は、定期考査の後学んだことが定着するように勉強を続ける必要があります。
頑張るなという事ではなく、せっかくのテストですから、大切な節目として学習を深め、余力があれば試験範囲の内容を入試レベルにまで近づける学習がとても有効です。

【中学・高校】模試の成績を上げたい

要因別に記載しますので参考にしてみてください。

1.基礎が身についていない
基礎が定着してない状態で演習量を増やしても、空回るだけ成績は上がりません。基礎例題レベルからしっかりと取り組むませることが肝心です。

2.復習ができていない
定期考査の点は取れるのに、模試になると良い成績が取れない方が多くいます。この場合は、要因として、復習ができていないケースが目立ちます。せっかく学習したのに「身につく」というレベルまで高めることなく時間が経ってしまうと、学んだことを忘れてしまし、また苦労して勉強しなければなりません。そうならないように、計画・管理をさせるようにしてください。

3.自己分析に基づく学習ができていない
模試で一番大切なのは自己分析とフィードバックです。模試を受けた後は、次に成績が上がるように、学習方法の改善と学習計画の修正が必要です。多くの中学生・高校生はまだこれらが苦手なので、周りの管理能力の高い大人が監督・指導してあげることが有効です。

【高校】学校への対応

学校の先生方は教育のプロだから、学校のことさえ真面目に取り組めば学力上がるかというと、全くそうではありません。学校でまともな指導をしている先生はごく一部です。基本的には生徒は指導者に従うべきですが、理不尽なことに従わせて志を諦めさせるわけにはいきません。勇気と覚悟が無ければ生徒は教師に逆らえませんので、保護者様をはじめ周りの大人が助けてあげてください

そうでなければ、その子の大切な時間が死にます。
切実です。

では、どうして低質な指導を見抜けばよいでしょうか。次のようなことがあれば、アウトだと判断してください。

1.宿題があまりに多い
宿題は計画的かつ戦略的に課さなければ意味がありません。単に問題を解き進めるだけでなく、苦手領域の見極めとその解消に繋がる「仕組み」が必要です。また、生徒の負荷が適切でなければなりませんので、他教科の宿題や予習など、全体的負荷を踏まえてたうえでの課題である必要があります。
宿題の過多が生じている場合、これらの基本事項を教師がコントロールできていない可能性が極めて大です。

2.教師の威圧的な指導
授業についていけなかったり、低質な指導に従わなかった場合に、威圧的な態度を取る教師が残念ながら多くいます。教育者は謙虚でなければなりませんので、そのような教師は支配者であっても教育者ではありません。
(具体例1)指されて答えられなかったら立たされる
(具体例2)内職を認めない
(具体例3)課外授業を受講しなければ怒られる

3.非効率な授業
(具体例1)英語…いつまでも文法・和訳が中心の授業
(具体例2)数学…解いてきた問題を生徒が板書して教師が解説する授業
(具体例3)古文…現代語訳が中心の授業
(具体例4)共通…生徒に順番に当てていく授業
お問い合わせ
電話:093-592-2056

(携帯電話:090-7388-6501)
E-mail : yuuki-juku@juno.ocn.ne.jp

お問い合わせフォーム⇒クリック
トップにもどる